メンヘラ日記

ファッションメンヘラ

第百十四話 能動的虚無

今日は何かと虚無な日でした。

f:id:fukkareen:20210414221643j:image

経産省発表の統計をまとめる課題が出たので見てみたところエクセルファイルの行番号が6000まであってそっとじしたり、買ったばかりのマイクラで遊んでいたら全ロスしたり、バイト先で全部片付けていいというので片付けた後に追加注文が入って二度手間になったり。こういうのって続くものですね。まあ前二つは僕が悪いし最後のは「仕事だろ」って言われたらそれはそうなんですけど。

ただしかし、こういう虚無感というものは自分の外側からのトラブルに作用された、いわば受動的虚無です。いつもいつもあっち側が僕に迷惑をかけるわけですね。ということで今日はそんなに来るならばこっちから能動的に虚無になることで仲良くなれるのではないかと思いました。

僕のバイト先はフライドチキン屋なのですが、帰りにローソンでLチキを買ってやりました。さっきまで大量のフライドチキンを揚げていたのに帰り際にわざわざ下位互換のフライドチキンを買う虚無感ったらないです。軽い気持ちでやりましたけど思ったより虚無になりました。帰ったらダメ押しに歯を磨いた後にチョコレートを食べてやろうかと思いましたが、Lチキ虚無で十分虚無になれたので今日は冒頭で触れた課題もやらずに寝たいと思います。例え切ることになったとしても進級の単位はかなり余裕とってありますし、「この教授は課題がやばい」という経験はゼミを選ぶ時に役立つだろうと前向きに思うことにします。昨日の朝鮮語の先生が繰り返し「人生に無駄はない」とおっしゃっていて、昼夜逆転生活してたという学生にも今だけの贅沢ができたと、浪人しての新入生にもこんなに根気強くやる経験も貴重だとおっしゃっていました。きっと僕の単位即切りも無駄じゃないとおっしゃるでしょう。

 

おっしゃる、おじゃる丸っぽい。

 

次回 未定