メンヘラ日記

ファッションメンヘラ

第百七十三話 栄養バランス

今日は東京に出る用事がありました。冷静に考えて大学も東京なんですけど23区外ですし繁華街も通過しないので僕の狭義の東京ではないです。

なのでせっかくだから東京でしかできないことをついでにやりたい訳ですが、今回は色々とミスりました。まず個人的東京に行った時することナンバーワンの地元の映画館でやってない作品鑑賞をしようと思ったんですけど、なんでか前日まではチケット購入できなくて、朝起きてチケット買おうとしたら売り切れでした。こんちくしょう。じゃあ飯でも食おうかと思ったら家出る直前に韓国のり卵かけご飯を食べちゃったせいでお腹もいっぱいです。東京に出た俺がゴーゴーカレーも食わずに埼玉に逃げ帰るなんてね。

 

これじゃあ予定のために出かけただけという僕らしからぬ結末を迎えてしまいます。仕方がないので定番メロンブックスジュンク堂ハシゴでお茶を濁しましょう。そんなわけでこちら。

f:id:fukkareen:20210612233901j:image

栄養バランスのいいラインナップですね。ちょっとミネラル過多かもしれないので次は控えましょう。

進撃の巨人キャラ名鑑とあなたが甘くねだるまでをメロンブックスで買いました。しかし、この二つは成り行きというか「そういえば買ってなかったな」くらいのテンションで、メロンブックスに行った1番の目的は発売日に買いそびれた新婚のいろはさん5巻だったんですけど、ありませんでした。これはもう通販しかないですかね。諦めてメロンブックスをあとにし、友達にお勧めされた小説でも買おうとジュンク堂に行ってダメ元で地下一階に行ったらありましたね。新婚のいろはさん5巻が。漫画に強いはずのオタクショップよりも本全般強いジュンク堂の方が品揃えいいの、自分のステータスの中で一番勉強が高いと思っていた頃にSAPIXに入塾したときの事を思い出しますね。スペシャリストを上回るジェネラリストはどの世界にもいます。

そしてオススメされた小説が小林泰三作のアリス殺しと忘却の侵略という作品でした。アリス殺しは僕でも聞いたことあるくらいだったので簡単に見つかりましたが、忘却の侵略は在庫チェックの端末で検索しても在庫なしどころかノーデータ。調べたらNOVAとかに収録されていたような短編みたいですね。仕方がないので同作者の作品を一通り見てみて1番タイトルが気になった見晴らしのいい密室という本を買いました。早速友達に報告。

f:id:fukkareen:20210612235011j:image

なんと。

f:id:fukkareen:20210612235040j:image

ありましたね。

自分の才能が怖いです。いい本読みっていうのは作品に好かれちまうんだ。でもジュンク堂のセルフレジには好かれていないらしい。全然ポイントカードを読み取ってくれなかった。

そんなわけでまた積読が増えた。いいですね。

最初の写真で帯の「射精管理」の文言がそびえるあなたが甘くねだるまでですが、全年齢漫画です。結局全年齢漫画のエロいやつが露骨なエロ漫画よりも興奮しますね。

 

次回 未定。

第百七十二話 丁寧丁寧丁寧に

丁寧な暮らしというものがしたい。

f:id:fukkareen:20210611212729j:image

自分はかなり雑に生きている人間なのでとりわけ憧れます。

学歴や資格、賞歴みたいな社会的地位は自尊心は高めますが、自己肯定感を高めるのは日頃の丁寧な生活なんだと思います。自己肯定感と自尊心を混同すると困ったことになるので気をつけましょう。

ということで「丁寧な暮らしってどんなのかしら?」と調べてみたらぼこぼこでした。

f:id:fukkareen:20210611213955p:image

やめとくか?

まあ所謂丁寧な暮らしっていうのは多分オーガニックな食生活だったりそういうのをいうと思うので、そこまで行かずにちょっとちゃんとした生活をしてみたい。

とりあえず改善点を考えてみると、自分はコーヒーをバカバカ飲みます。コーヒーメーカーで淹れればマグカップ5杯分くらいできちゃうのでそれを何も考えずに飲みます。で、そんだけ飲むと自律神経的にも良くないのかいろいろと体が怠くなるんですね。それを丁寧に改善するとなると、コーヒーメーカーで楽して淹れることが多いんですけど我が家には一応コーヒーミルがあることにはあるので、一回飲むたびにそれできちんと淹れることにしました。「そこまでするのは面倒くさいな」という時には飲まないっていうことにしましょう。試しに今日1日やってみたら普通にハンドドリップで丁寧に5杯分くらい淹れたのであんまり変わらなかった。ただまあ挽いてから淹れると酸っぱくないのでいっぱい飲んだ後の気持ち悪さがない気がする。なのでヨシ!

あとなにか生活で改善したいものがないかと考えてみるとやっぱり睡眠か性生活のどっちかしか思い浮かばない。欲求に正直な男。まあ性生活は独りではあるけど他人よりこだわりを持って生きている方だとは思うので睡眠を改善しよう。しかし自分は寝る時に無音真っ暗だと将来の不安とか死後のこととかいろいろ良くないこと考えて眠れなくなっちゃうのでYouTubeでお気に入りの実況者とか流しながらとかでごまかしながらじゃないと眠れないんです。この時点で眠りの質は相当低そう。という訳で寝巻きと部屋着をきちんと分けることにしました。きっと睡眠の質が向上するはずです。

 

丁寧なブログはオチがない。

 

次回 未定。

第百七十一話 (海辺/春風)のエトランゼ

エトランゼを最近読みました。

f:id:fukkareen:20210611002451j:image

去年、海辺のエトランゼの映画を見て良かったので原作を読もう読もうと思っていたのですが最近やっと買いました。実央が可愛くて好き。

春風のエトランゼはシリーズとはいえかなり雰囲気の変わる作品ですね。海辺のエトランゼは恋のお話で春風のエトランゼは愛のお話って印象です。こういうそれっぽい感想は書いてて恥ずかしくなるので深夜に書いて読み返さないのがコツです。4巻の文が良かった。

自分はTwitter漫画だとかpixivではBLに触れることもありましたけどきちんとBL作品に触れるのはこれが初めてですね。これまではちょっとBL作品に抵抗があったというか、絵柄が合わないのが多かったんですよね。ターゲットとかジャンルの違いもありますけどBLのキャラって目がとろんとしてるというか、常に発情してんのかっていう目をしている印象があったのでちょっと敬遠してました。ただこのエトランゼは濡れ場とかはありますけどその辺も爽やかで可愛いタッチで描かれているので抵抗なく読めましたね。

自分は自分のことをバイだと思っていますが、可愛ければ男でも女でもいいというのはバイなんでしょうかね。ただ、その可愛いの基準が女寄りにあるので当たり判定は当然女の方が大きいです。それこそエトランゼの実央は理想ですね。ただし、全く同じ顔、性格、体型で性器だけが差異の2人がいたら男の方が好きになると思います。しかし不思議なことに今流行りのジェンダーレス男子というのはどうも食指が動かないというか、好きじゃないんですよね。自分の性嗜好がわからん。そもそも自分は男とすることには全く抵抗がないんですけど、肛門性交には自分がどっちかに関わらずめちゃくちゃ抵抗があるので、1番の理想としては可愛い男と最後までいかずにイチャイチャするのがいいですね。

オタクのセクシュアリティ自問自答を見て気持ち悪くなってしまった可哀想な閲覧者のみんなは海辺のエトランゼを読んで爽やかになってください。

 

次回 未定。

 

 

第百七十話 【考察】進撃のスクールカーストは子孫なのか

本日最終巻が発売された進撃の巨人での巻末嘘次回予告として描かれていた進撃のスクールカーストですが、最終巻にて気になる展開をむかえました。

f:id:fukkareen:20210609211259j:image

みたいなやつはごまんと書かれてると思うので同じく今日発売のふらいんぐうぃっち10巻の感想を書きます。

f:id:fukkareen:20210609211652j:image

もう前巻から1年経ちました。次もまた一年後です。もはや初夏の報せですね。

今回は真琴のお仕事メインでしたね。弘前での日常回も好きですけどやっぱり魔女の世界の回が好きなので嬉しいです。真琴のここのつが闇だと判明してからはそっち方向の話がどんどん進んでていいですね。

特に魔女協会で言及されていた「三魔女の予言」は今後かなりキーになってくるんでしょうね。闇と光が子を導くというのは普通に考えて真琴と茜が千夏ちゃんを魔女の世界へ導くって意味なんでしょうけど東の足を止めっていうのがよくわかりませんね。そして若き繋女というのも気になります。魔女協会としても現世界とあちら側の関わり方について模索してるようですし千夏ちゃんの魔女見習いとしての成長がキーになってきそうですね。

f:id:fukkareen:20210609214822j:image

それはそうとこのコマの真琴が可愛すぎてびっくりしちゃった。弘前にいるときは天真爛漫で純な可愛さでしたけど、横浜にいる時はこういう垢抜けた可愛さを見せたり、友達とタピオカ飲んで自撮りしたりと都会っ子としての可愛さも見せてくるの良すぎる。好き。真琴は電車で時間をかけてきているので青森と横浜の区切りを意識してファッションや振る舞いにも差が出るんでしょうね。杏子も横浜と青森を行き来していますが往来が簡単な分服装やキャラの差異が少ないことと棲み分けがされてて細かいですね。

 

一応進撃の巨人についても触れておくと、自分はここ半年で急にはまった者です。昔、人に勧められた時はグロめのアクション漫画だと思って敬遠してましたけどここまで複雑な伏線が張り巡らされたすごい漫画とは思いませんでしたね。だからこそハマったわけですけど、「ただのグロめのアクション漫画」だと思っていた状態から追っていて「伏線がすごくなってきたぞ…!」と思って読みたかったですね。細かい伏線とかストーリーは知らずとも超大型巨人や鎧の巨人の正体、「伏線がすごい作品である」という情報は知っていた状態でハマったので残念です。映画でも「ラスト5分であなたは騙される!」みたいな宣伝をされるとそのどんでん返しの内容を知らずとも「どんでん返しがあるんだ…」と身構えてみちゃうと面白さが半減しちゃいますよね。ただ自分はそういう叙述トリック的な展開が好きなので結局前情報を極力入れずに数多くの作品に触れるしかないんですよね。いくら時間とお金があってもありません。

最後に今回のタイトルの話をすると、ただの巻末おふざけだと思っていたスクールカーストの最後は正直本編のラストよりも興奮しましたね。

 

次回 未定。

 

第百六十九話 腸内環境のパーフェクトさんすう教室

太郎くんは朝に腸内環境にいいとされるヨーグルトとグラノーラを食べました。その後、昼に家系ラーメンを食べ、ニンニクを大さじ4杯入れました。

f:id:fukkareen:20210608221137j:image

結局生き残った腸内細菌何個だ?

答えは答えは0個0個なぜならなぜならそれは。

菌の数え方って個?

 

どうも腸内環境って大事みたいですね。昨日の朝イチでやってました。自分の便通が終わってるのは上記のような食生活が原因かもしれません。ニンニク大好きなのでね。ニンニクってやっぱり腸内環境に良くないんでしょうね。焼肉食べ放題でニンニクのホイル焼きが食べたくて「5粒くらい食べたいな」って5個注文したら一個当たり10粒くらい入ってて大量のニンニクが運ばれてきて、友達にも手伝ってもらったものの30個くらいは食べたんですね。翌日下痢が止まりませんでした。医学部の友達に聞いたらあれは救急搬送ラインだったらしい。

 

腸内環境を変えると美肌になるし痩せるし免疫も上がるし年収も鰻登り。学校の勉強と部活を両立できるし彼女もできた!それなのに1日10分の勉強だから続けられた!だからお母さん!僕も進研ゼミやりたい!

 

次回 未定。

第百六十八話 偽善者

偽善者が嫌いです。

f:id:fukkareen:20210607221756j:image

ここでいう偽善とは芸能人の寄付みたいな原義の偽善ではなく、己の罪に目を瞑り善行をしているとすら思っている人間のことです。というかYouTuberの寄付とか芸能人のボランティアのようないわゆる偽善と呼ばれるような奴は自分は普通に善行だと思っています。受け入れ態勢のないところへ行く押し売りボランティアや物資不足でいる被災地に千羽鶴や寄せ書きを送るのが自分基準での偽善です。

自分の嫌いな人間は2種類います。マスクで鼻を出す人間とトイレットペーパーを平均化する人間です。そのどちらも自分の嫌いな偽善的一面を持っています。

鼻だしマスクに関してはコロナ禍のずっと前からまず第一に見た目がアホ面で見てて腹が立つという身も蓋もない理由があるんですけど、あえて理屈をこじつけるならば彼らは「自分たちは感染予防に協力している善人だ」という自負があるんですよね。だから彼らは全く意味のないことをしていても同類のマスクをつけていない人間を批判する権利があると思っています。このご時世はそうも言っていられませんけど、正直鼻出してマスクつけた気になってるやつよりマスクつけてないやつの方がよっぽど好感が持てます。

トイレットペーパーを平均化するというのは二つトイレットペーパーホルダーがある時に、残量が多い方から使うと言うことです。もちろん二つあるトイレットペーパーがどちらも潤沢ならば良いのですが、問題はあと1〜2回巻き取ったら無くなりそうな状態でそいつを放置して、もう片方の潤沢なトイレットペーパーを使うという悪どい行為です。そもそもトイレットペーパーホルダーが二つあるトイレを賢明な人間だけが使えば、運悪くトイレットペーパーを交換しなければならなかった人も一つの交換で済むのですが、前述の偽善者が入り込むと二つの瀕死のトイレットペーパーが生まれ、その両方を使っても尻を拭いきれずに二つも交換する羽目になるのです。この件の偽善要素は何かというと、彼らは「トイレットペーパーを使い切って交換しない人って許せないよね!」という話題に大声で賛成することができることが問題なのです。なぜなら彼らはトイレットペーパーを使い切る経験をしていないからです。彼らはトイレットペーパーを取り替える労力も払いたくないし、トイレットペーパーを交換したい悪人にもなりたくないワガママな偽善者です。この世で一番軽蔑しているといっても良いでしょう。

 

みんなもマスクを鼻まで覆って、複数ホルダーのトイレでは少ない方から使いましょう。この世からストレスの総量が少し下がるに違いない。

 

次回 未定。

第百六十七話 アツゥイ!

ハッ…ハッ…アッー!アーツィ!アーツ!アーツェ!アツゥイ! ヒュゥー、アッツ!アツウィー、アツーウィ!アツー、アツーェ! すいませへぇぇ~ん!アッアッアッ、アツェ!アツェ!アッー、熱いっす!熱いっす!ーアッ! 熱いっす!熱いっす!アツェ!アツイ!アツイ!アツイ!アツイ!アツイ!アー・・・アツイ!

f:id:fukkareen:20210606232148j:image

画像だとわかりづらいかもしれませんが今、背中全体が日焼けでもはや火傷状態です。とても痛い。2〜3時間上半身裸で海にいただけでこの有り様です。「ちょっとだけやしええやろ」って日焼け止め塗らなかったらこのざま。日が照ってる日は(照ってなくても)屋外作業するときは短時間でも日焼け止めを塗りましょう。

そんなわけでここ数日の長距離運転匂わせは千葉の先っちょだけだからの方の海に行っていました。ボランティアサークルみたいなものです。そのメンバーを乗せる輸送担当だった訳なんですけど、「人様乗せるのに首都高初見はいかんでしょ」という父のごもっともな提案で先週は練習で行ってきました。今回は道が空いててよかったです。前回は渋滞やばすぎて木更津JCTから海ほたるまで1時間かかったりしていたので。不安の種だった首都高の合流は逆に混んでいて気楽に合流できました。

人様を乗せるのはなんだかんだで良い経験になりますね。今まで人の車に乗せてもらうときは「運転してもらっておいて寝るなんて悪いな」と思って頑張って起きてましたけど寝られても「あらあら疲れたのね☺️」ってほっこりするだけですし、運転に集中できるので寝てもらった方が楽みたいなところはありますね。最近ようやく運転が楽しいと思えるくらいには慣れてきました。事故が起こるのはこういう時期だと思うので気を引き締めていきましょう。

 

次回 未定。