メンヘラ日記

ファッションメンヘラ

第四百十一話 解放

自宅隔離期間が終わりました。 やったね。 どれだけ体力落ちてるだろうかとジムに行ってみたら、意外と持久力は落ちてなくて筋力ダウンが著しかったですね。 あとは今日公開のグッバイ、ドン・グリーズも観てきましたよ。 宇宙よりも遠い場所の制作陣という…

第四百十話 侵食

暇さえあれば模様替えをしてしまう男です。 前回の模様替えはこちらをご覧ください。 https://fukkareen.hatenablog.com/entry/2021/09/21/002442 これまでは、本棚とベッドの間に15cmくらいの隙間があってベッド下の引き出しBOXのものを出し入れできるよう…

第四百九話 気晴らし

隔離生活、暇暇言ってたけど積んでるゲームの消化で思ったより忙しいです。 それでも気は滅入るもので、飯に楽しみを見出しがちになります。 というわけで、濃厚接触者も最低限の買い物はいいということでコメダのカツパンとかバーガーを爆買いしたり、前か…

第四百八話 逆撫で

どうも。濃厚接触生活です。 前回話した通り色々と予定が潰れたのでいじけてうだうだしてます。 いじけてる人が地面に何か書くのってなんでですかね。調べたら落語的表現とか出てきたけど。 しかしまあ母はそんな僕を見て励ましてくる訳です。 「また誰か誘…

第四百七話 愚痴

※今回はめちゃくちゃお見苦しい日記になると思います。 日記とかでは極力楽観的で温厚であることを心掛けているので、もし僕の事をその狙い通りの人だとおもっている人がいたら今回は読まないでください。多分僕のことをめちゃくちゃ嫌いになるので。 僕がク…

第四百六話 大怪獣のあとしまつ

見てきました。話題のあいつをね。 率直にいうと「なんでこんなことに……」という感じの映画でした。カスの煮凝りならまだゲラゲラ笑えるのに、「これまじめに作れば面白かったろ……」という感じがむしろつらかったです。まあ、Twitterで見かけるほどサンドバ…

第四百五話 相互監視

最近、PayPayが僕の唯一持ってる銀行口座と紐づけできるようになり、滅茶苦茶実用的になりました。 おかげで最近はほとんどの買い物がPayPayです。便利ですね。現金を使う機会はラーメン屋とポイント還元率の問題からアニメイトくらいです。 しかし、現金離…

第四百四話 不健康

今日も献血いってきました。 fukkareen.hatenablog.com 前回は献血後にサウナに行く実験の結果気絶しましたが、今回は逆に献血前にジムで運動してから行ってみました。自分は皮下脂肪があることもあり、血管がちょっと見づらい位置にあって慣れていない看護…

第四百二話 愚者

こちらが、昨夜の私のツイート。鬱トッピングです。 何があったのいうかというと。 レヴュースタァライトのオーケストラコンサートに行く踏ん切りがつかずに行かずじまいだった自分の愚かさに対する鬱です。 いや〜。 最初は「オーケストラだけか〜。まあ行…

第四百一話 ザ・ラン

ザ・ランみたいなことしてきました。 まあ、雑魚なので半分以下の12km/hが限界なんですけど。 前に報告した通り、たま〜にジムに行って水素水を飲んでいます。 最初にラジオ聴きながら走ってた時は5分で力尽きてたけどレヴュースタァライトの曲聴きながら走…

第四百一話 355

ネタがないので今週観た映画の感想でおちゃを濁しましょう。 今週は前科者と355を観ましたが355の感想を書きます。 女性スパイものだったので「実写版プリンセスプリンシパル」みたいな気分で観に行ったら思ったよりもドンパチで面白かったです。 まあ正直、…

第四百話 どうせ

どうせみんなこうなるんだよ。 自分は悲観的な人間なので「結婚もできず孤独に生きていくのではないか……」とか「就職もできず、高学歴フリーターになってしまうのではないか……」と考えてしまいますが、心のどこかで「まあ、どうにかなってくれるだろ」みたい…

第三百九十九話 損切り

よく、「損切りをできる人間になろう」という話を見ます。 最近、投資をする層が広がっているのもあってその頻度は上がっていますね。靴磨きの少年の話みたいに貧乏人が投資の話をしだすと終わりの始まりっていうけど。 投資漫画のインベスターZでも、投資部…

第三百九十八話 たべものであそぼ

太っている人間が常にスタンバイ胃袋かというとそういうわけではない。 食いしん坊だっていつも朝からカレーを食べられるわけではない。もちろん大抵は食べられるが。 今日は朝に食欲がない日だったのでグラノーラとヨーグルトでごまかしたが、ふと欲望が芽…

第三百九十七話 白い粉

最近、嫌なこととかがある時は白い粉でストレス解消してます。 粉チーズ。 粉チーズを「こんなにかけちゃあ駄目だろう!」というくらいかけると脳が思考停止します。 かける対象はナポリタンやボロネーゼなどのトマト系のスパゲティはもちろん、何もかも面倒…

第三百九十六話 性善説

近頃流行りの個別タブタイプの食器洗い洗浄機用洗剤。 めちゃくちゃ使いやすいし、洗浄力も申し分ないのですが、この製品の一番の欠点は使用者の性善説にかなり依存していることでしょう。 このタイプの洗剤って水に溶けるオブラート的なものが使われている…

第三百九十五話 思い立ったが

ヘンタイプリズンがもうすぐ発売されるらしい。 簡単に言えばエロゲなのだが、発売元が”あの”ぬきたし有名なQruppoということで今作も体験版や公式YouTubeの告知動画の時点で下ネタだけで構成されたSOUL’dOUTみたいな語呂の落語みたいな、日本語であるにも…

第三百九十四話 言い訳

早く起きた朝は洗濯物干しから始まる。 母は朝から朝食と弁当をきちんと作るので、いままで気の毒にも洗濯物干し係であった父が転勤になったことでその業務が僕と姉に回ってきた。 しかし僕も姉も生活リズムが崩壊しているので結局母が怒り狂いながら干すこ…

第三百九十三話 優先

優先席というものはよく話題に挙げられるもので、世代間対立をあおるものの代表と言えましょう。 優先席は高齢者に限らず、いろいろ大変な人向けのものですが、やっぱり旧シルバーシートのイメージもあってか高齢者のイメージが強いです。 そして妊婦、けが…

第三百九十二話 ねむねむねーむね

ずっと寝ていました。 日暮熟睡男かってくらい。まあ僕がいくら寝ても超能力は使えないんですけど。 寝起きに寒いから布団から出たくならないのだと起床時間に合わせてエアコンをタイマーセットしてますけど結局寝て乾燥で喉が死ぬ毎日です。今度の変異株は…

第三百九十一話 人間ドレッシング

地元のスポーツジム君が家族二人で体験入会すると安いとかで親に連れられ行ってきました。 まあ、運動できる場所が近所にあるのはいいことなのでちまちま行きます。 それで、身体測定と理想体型とか聞いてトレーナーさんがメニューとかを組んでくれることで…

第三百九十話 おとももちとの映画

友達と映画見てきました。 キングスマン。 当然、「友達と遊ぶイベント」としてはめちゃくちゃ良かった訳ですが、やっぱり映画体験としてだとかなり違うものにはなりますね。きちんと楽しんでるかとか気になるし。 特に、それが初見か2回目以降かでかなり違…

第三百八十九話 恋せぬふたり

NHKのドラマ、あたりがち。 恋せぬふたり、おもしろいですね。アロマンティック、アセクシャルなふたりの共同生活コメディです。 最近はこういう「生きづらい人」テーマのドラマとか多いけど、程よく説明しながらもその啓蒙ドラマに終わっていない良い塩梅で…

第三百八十八話 加圧トレーニング

よくサウナと水風呂、外気浴という体にストレスを加えるといい感じになるということを「整う」といいますね。 あれは臨死体験みたいなものだと思っているんですが、ということはその正反対のストレスのふり幅をでかくするとより気持ちよくなれるのではないか…

第三百八十七話 だれだってそーする

いつだったか、YouTubeの嫌いなコメントとしてほかの有名人のコメントに対しての「本物!」みたいなやつを紹介しましたが、最近また嫌いなジャンルのコメントに出会いました。 僕が好きなYouTube投稿者としては牛沢やオモコロ、匿名ラジオなどがいますが、逆…

第三百八十六話 舞台の上

自分は、「演者」というものをあまり重視しない人間でした。 当然、好きな声優、好きな俳優などはいますが、あくまで役者というものは役に隠れるものであり、自を出すものではなかろうという考えの人間でした。結局その役者のキャラクターも演じた役のものと…

第三百八十五話 ルールとモラル

自分は危険運転者ではありませんが、危険歩行者です。 自分の中で飛び出し坊やが露崎まひるのものになっている。 話を戻すと、自分は「まあ最悪轢かれても......」という受動的な希死念慮と「轢かれても歩行者は完全に被害者だしな……」という法を盾に、横断…

第三百八十四話 ブラックリスト

下ネタ回なので苦手な人とU18は自己責任で。 アダルトグッズというものは買う瞬間がピークです。 最近はおそらくほとんどの人がアダルトグッズは通販等々で買うでしょうし、業者の方も「バレない」ことを前面に押し出していますね。 しかし、実店舗で人目を…

第三百八十三話 回数券のススメ

よく、買う理由が値段なら買わないほうがいい。買わない理由が値段なら買ったほうがいいという。 自分にとっては地元のスーパー銭湯がそれにあたります。自分にとってスーパー銭湯はめちゃくちゃいいところです。なんというかもろもろの感情がリセットされる…

第三百八十二話 悔いなき選択

成人の日。地元は昨日が成人式だったんですが、自分は中高都内だし、中学になってから今の家に住んでるので地元に友達がいません。だから普通に逆張りとかではなく成人式の同窓会的なうまみがない自分はいかずにバイトに行く選択をしました。 しかし、バイト…